伝わりやすい動画例。成田国際空港の夜旅動画。

昨年の9月の動画ですが、成田国際空港の発着時間が23時から24時まで1時間延長されて便利になるよっていうPR動画です。

 

誰が見ても分かりやすい動画になっています。

 

ここまでのイラスト・アニメを動画にするのは、けっこう高額な費用がかかると思います。

ただ、イラストやアニメはプロにお願いしなくても、費用をギリギリまで抑えて分かりやすい動画を作ることは可能です。

 

最近ではアニメを制作するのに便利なスマホやiPadのアプリがあります。

多少の絵心がある人であれば、十分相手に伝えられるアニメ動画を作ることが出来ます。

 

また、絵心が全く無いので自分では難しい。

可能な限り、予算は抑えたい。

そういう人は、クラウドサービスで描いて貰う人を探せば費用をかなり抑えられます。

ココナラやクラウドワークスやランサーズといったのが代表的なクラウドサービスになります。

 

最初から、自分のイメージ通りの動画を作るのは難しいと思います。

また、自分のイメージ通りの動画が見る人やお客様にとって『分かりやすい動画』『伝わりやすい動画』とも限りません。

色々なパターンをテストするのがベストです。

 

 

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP