動画は必要??5G時代の集客とは。

5Gという言葉を最近はよく聞くと思います。

5Gとは

「5th Generation」の略です。

第5世代移動通信システム。

 

『Wi-Fiの5Gと同じだよね?』って人もいますが、Wi-Fiは5GHz帯の意味なので違います。

 

今までの通信システムは4G。

4Gと5Gの違いはこのようになります。

  4G 5G
通信速度 最大1Gbps 最大20Gbps
同時接続数 10万台/平方km 100万台/平方km
遅延速度 10ms 1ms

 

通信速度は今までの20倍。

同時接続数は10倍。

遅延速度は10分の1。

 

単純に考えても、今までのデータが10倍早くやり取り出来るようになります。

 

今までの問題点

今までの問題点は、データが重くなると色々とトラブルがあったという事です。

例えば、ホームページ。

画像や動画を使って、分かりやすく説明をしたいけど使いすぎると表示速度が遅くなる。

表示速度が遅いページばかりだとSEOにも良くないとされていました。

 

動画も突然フリーズしてしまうとか。

 

データのやり取りが追いついていなかったのが、今までの問題点です。

 

5G時代

5Gのメリットは、大人数で大容量のデータを一気に見ることも可能になったこと。

一つの発信地点に、大人数の人がアクセスすると渋滞していました。

 

主な目的はリアルタイムでのやり取りが重要だった自動運転システム。

一瞬のデータ遅延は命取りでしたが、今後は技術が一気に向上すると言われています。

 

5Gの恩恵を受けられるのが、動画です。

 

5Gと動画

You Tubeを視聴している人が急増中です。

このデータで見ると40代が一番多いように思えますが、実は40代のデータの中にその子供達も含まれていると予想できます。

自分のスマホなどを子供に渡し、動画を見せているのも含まれていると考えられます。

 

つい、数年前までは若年層だけのイメージでしたが、最近では年齢は関係なくYou Tubeを見る人が増えています。

 

 

3~4年前は、再生回数が100万回を突破すると、スゴイって言われていました。

最近では見る人が急増しているので、100万回の再生回数は意外とスグにされています。

 

動画を見るという行為が、当たり前になっています。

 

何かを調べたい時も、You Tubeの中だけで完結する人もかなり増えています。

 

例えば、子供の運動会や音楽会ように新しくカメラを買おうと思った時。

 

昭和の時代はカメラ屋さんで、色々な種類のカタログを入手して検討・購入という流れでした。

分からない事はカメラ屋さんで聞くか、詳しい人に聞くか。

 

平成の時代は、カメラメーカーのホームページかカメラに詳しい人のブログを参考にして検討・購入という流れです。

 

令和の時代は、動画を参考にする人が圧倒的に増えます。

使い勝手やメリット・デメリット。

こんなシーンだと、このカメラは最高に使えるとか。

 

動画なので自分の使いたい事がイメージしやすい。

 

子供の撮影がメインだと、運動会用の三脚や小物類など。

動画での説明が伝わりやすいです。

 

動画活用

『動画を利用する事が重要になる』というと、『YouTuberにならないとダメなのか?』って勘違いする人がいます。

YouTuberになる必要はありません。

 

動画を使って、分かりやすく伝える事が大切です。

 

伝え方は色々とあります。

イラストと動きで伝える、ホワイトボードアニメという動画の方法。

 

利用者目線の伝え方。

 

分かりやすい会社紹介動画

ホワイトボードアニメを利用した動画です。

 

ガチガチの会社案内動画

昭和や平成の時代、シッカリと作り込んだ会社案内をまずは見てもらうというスタイルでした。

今は、動画でシッカリと伝える。

 

おわりに

動画をはじめる時、高額な撮影機材が必要なのでは?って質問される人がいます。

今は、スマホのカメラで十分です。

 

後は、分かりやすく編集をしていく。

最初から、自分たちのカラーを出すのは難しいと思います。

なので、何パターンか試してみて反応の良いやつを自分たちのカラーにしていく。

 

スマホで撮影した動画を編集するという流れで色々な企業・個人事業主様と取引をしております。

詳しいことは、下記からお問い合わせください。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP