YouTube動画編集 ビジネス系の編集

最近、よくあるご要望。

マナブさんやマコナリさん風に編集をして欲しいと言われます。

YouTubeの動画編集を依頼する時はポイントがあります。

 

フォント

フォントだけで、ユーチューバーの〇〇さんがよく使っているフォントだって気付く事があります。

完全にブランディングが出来ている証拠です。

 

毎回、毎回フォントを変えるのはよくありません。

動画編集を依頼する人も、ちょこちょこ変わってしまっているのか…

 

見る動画見る動画、フォントが変わっていると違和感もありますし動画のイメージも付きにくいです。

出来れば、良い動画編集者と長く付き合うことです。

 

マナブさんも数人に依頼されているようですが、よく依頼がある人は決まってます。

 

ユーチューバーが急増している今だからこそ、細かい事まで拘る必要があります。

 

シーンチェンジ

シーンチェンジ・ジングルは息抜きやテンポをつけるには良い編集方法です。

見ている人を飽きさせない効果もあります。

 

ジングルを見るだけ・聞くだけでも、ユーチューバーを思い出せるとブランディングが成功しています。

 

効果音

効果音もシンプルにいくか、けっこう付けていくか。

自分なりの拘りがあるとブランディングを付けやすいです。

 

シーンチェンジの効果音1つでも、あのユーチューバーがよく使っているなって思い出せます。

現在、けっこう偏った効果音が多いので少し変化をつけるのも良いでしょう。

 

BGM

BGMも、色々使いすぎるのもブランディングが付きにくいので考えものです。

無料のBGMばかり使っていると、他のユーチューバーとかぶるので出来れば有料の著作権フリーのBGMがオススメ。

 

そこで、自分のイメージを出していく事もできます。

 

また、話をシッカリ聞かせたい動画ならBGMは聞こえるか聞こえないか程度に。

リズムやテンポ・雰囲気重視なら、BGMで煽る事もできます。

 

 

おわりに

動画編集キャンペーン中です。

 

10分までの動画編集

3,000円

※元データが30分以上の場合はプラス料金が発生します。

【見積もり詳細】
カット編集・テロップ挿入・著作権フリーBGM挿入・SE挿入・シーンチェンジエフェクト等

 

ユーチューブの動画編集にお困りなら、ご相談ください。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP